後期コースバナー.png

​介護現場の人材教育定着稼働率アップ業務改善生きたノウハウを総合的に学べるあの人気講座「介護サービス経営カレッジ スクーリングコース」が、オンラインに生まれ変わって参加しやすくなりました!現場で生まれた施設長メソッドを体系化した、短期間で集中的に学べるプログラムです。

​その前に・・・

施設長ってつらくない??

  • ​施設長になったら、急にまわりの態度が冷たくなった

  • ​何でも質問されて”正しい答え”を求められる

  • 施設長業務をやる時間がない

  • ​理事長からは「稼働率を上げろ!」と言われる・・・

  • スタッフがなかなか定着しない

  • 前任の施設長と比較される

  • 相談相手がいない

​その理由は施設長のやり方を教わってこなかったからではないでしょうか?

施設長の役割は、以前と比較してとても増えています。介護保険制度の度重なる改正により、加算を1つ算定するだけでも一苦労。体制を整え、記録書類を整備し、ルールに沿って運用しなくてはなりません。​それにも増して大変なのは、人手が足りないこと。採用はもちろん、教える人がいなかったら入社後の教育も一筋縄ではいきません。施設長はそれらを先頭に立って指揮しなければいけないのですから、難易度が増しているのは当然です。

 

他にも施設長には、こんな役割があります。

​✔ 競合施設に打ち勝って稼働率を上げるマーケティング力

✔ 人件費率を適正に保ってスタッフを配置する​(計数管理能力

​✔ 中堅リーダーを育成し右腕をつくるリーダー育成力

✔ 会議を主催し、短時間で結論を出す会議力

✔ 残業を削減し、有休をとれるように業務改善する業務改善力

✔ 現場のモチベーションを上げるプレゼン力

✔ 年度目標を計画し、それを達成するプロジェクトマネジメント力

こんなノウハウは、法人内の研修ではなかなか学ぶことはできません。社外で行っている研修も「相談員研修」「ケアプランニング研修」といった専門的内容だったり、「コーチング」「リーダーシップ」「チームビルディング」など、横文字の難しいテーマばかり。「良い話を聞いた」とは思うけれど、はてさてどうやって現場で使うのか。これでは”施設長力”がたちまち上がるとは思えません。

最後には、この肩書の重圧に押しつぶされそうになって「辞めたい」「現場職をしている頃の方が楽しかった」と悩む方を何人も見てきました。「施設長手当をもらっているけれど、これじゃあまったく割に合わない」なんていう声も聞きます。

​困りました・・・

もう施設長を悩ませたくない!そんな思いで書いたのが「やさしくわかる!すぐに使える!介護施設長&リーダーの教科書」です。

発売から1週間後にはAmazonの「社会福祉関連」で第1位となり、またたくまに増刷となりました。介護技術ではなく、介護施設長、リーダーの運営ノウハウに特化した「実践済み」の「明日から使える」手法だけを収めた画期的な本だったと思います。​

​しかし、本には限界があります。介護サービスには、特養、老健、デイサービス、訪問介護、有料老人ホームという具合に、様々な業態があります規模も地域も違いますし、施設長それぞれが法人内で置かれている立場も違います。すでに地域一番の地位を築き、それを維持しようとしている施設と、これから地域一番を目指す施設では、打つべき手段が異なります。

 

また、本では新型コロ感染予防同一労働・同一賃金介護保険法改正など、タイムリーなテーマを扱うのに適していません。​そこで、生まれたのが「介護サービス経営カレッジ スクーリングコース」でした。

 

しかしながら、施設長は忙しい・・・

​昨年までも、こんな声がありました。

​そんな皆さんのためにできたのが「介護経営オンラインカレッジ」です。

​具体的には、以下のような特徴があります。

介護経営オンラインカレッジ6つの特徴

インターネット環境と、WEBカメラ、マイクがついたパソコンがあれば​、施設でも家でも、どこでも学ぶことができます。しかも会員限定サイトで、様々なコンテンツを視聴できます。

介護事業者ばかりを約500法人をコンサルティングしてきたノウハウがギュッとつまった全6冊(1冊約100ページ)にもおよぶ充実のテキストがいつでもダウンロードできます。

1コース24人限定!情報交換は全国から集まった1グループ6〜8人の施設長、リーダーで行います。現場で実践している生の情報はかけがえのない財産です。(オンラインですが、情報は常にダウンロードできます)

​「働き方改革」「現場で行うリスクマネジメント」「介護施設の計数管理」などは、オプション講座としてオンライン会員だけが視聴できます。

​百聞は一見にしかず!全国の大成功している事例を生で見て、経営者や施設長から現場で講義を受けることができます。

介護業界だけでなく、様々なジャンルで活躍する超有名講師によるセミナーに参加できます。

「コロナウイルスの対策はどうしているの?」

「外国人って、どうやって教育している?」

「会議になかなか参加してくれないんだけど、なんか良い方法ない?

​普段は聞けないこんな悩みを言い合える仲間をつくりましょう!

​聴いたら身につく!学びのサイクル

​会員専用サイトで、宿題をアップロードしたり、講座に対するコメントを公開して、会員同士がお互いに切磋琢磨しながら成長していきます。そして毎年3月に行われる「介護サービス経営カレッジ総会」で、最も優れた成果をあげた方を表彰します。これが「介護経営オンラインカレッジ」の学びのサイクルです。

​明日から使える!超実践的プログラム!

スケジュール

​クラスは24人限定となります。

1日の流れ

​オンラインカレッジ 講師紹介

伊谷俊宜​(いたにとしのり)

介護保険施行前より運営トップとして、数々の特別養護老人ホーム、グループホーム、デイサービスの立ち上げ、運営に参画。
その後、大手介護事業者に入社し、介護付有料老人ホームやサ高住の立ち上げ、運営、新人管理職の育成に携わる。現在では、圧倒的な現場力で、高齢者住宅、デイサービスセンターなど「人気の施設づくり」を積極的にサポートしている。講演・執筆も多数。
 
保有資格:介護福祉士、介護支援専門員、認知症実務者研修修了

近藤麻耶​(こんどうまや)

早稲田大学教育学部卒。大学卒業後、俳優養成所で「2年間」と期限を決め、小さい頃からの夢だった舞台女優を目指して数々の役を演じた。看護師の役を演じるためと始めた看護助手の仕事がきっかけで、大手介護事業者に入社。介護士として勤務する傍ら、数々の地域交流企画を手がけてきた。株式会社スターコンサルティンググループ入社後は、全国の人材不足に悩む介護事業者に対し「人材採用」、「新人早期育成システム」の構築や「介護リーダー講座」を担当。講演・執筆多数。

介護経営オンラインカレッジってどうなの?

​昨年までの「スクーリングコース」参加者に聞いてみました!

皆さんの感想は・・・

現場の延長線上で施設長の仕事をしてしまっていましたが、まったく違うということがよくわかりました。講義の内容がとにかく具体的なのでおすすめです。

​施設長になると、急にまわりの態度が変わってとまどっていました。責任の重さにつぶされそうになっていましたが、仲間ができて気持ちが軽くなりました。

理事長からよく「稼働率をあげろ」と言われます。その度にケアマネに営業をしていましたが成果が出ませんでした。教えられた方法でやってみたら、翌月から成果が出ました!

他の施設の情報がまったく入ってこないので、井の中の蛙になっていました。全国の意識の高い方々と知り合えるので、とても刺激的で1年でかなり成長できた気がします。

スタッフの教育に悩んでいたのですが、根本的に間違っていました。今まで受けた講義の中で一番役立っています!

各コース先着24名!お申し込みはこちら!

 
【入会案内】
  • 受講料は、お一人75,000円(税別)となります。
  • 講義、情報共有は「視察ツアー」「総会」を除いてオンラインで行います。インターネット環境が必要です。また、WEBマイク、WEBカメラがついたパソコン(もしくは外付け)をご用意ください。
  • オンライン講義は「zoom(https://zoom.us/)で行います。使い方は会員限定ページに記載します。設定などのサポートはできかねますのでご了承ください。
  • ​国内視察ツアーは、割引料金でご参加いただけます。(3万円程度、宿泊・交通費は含みません)
  • ​ご案内はホームページか、info@s-cg.co.jpからのメールでいたします。(メールが拒否にならないように設定をお願いします)
 
【ご入会にあたって】
  • 対象は介護事業所の施設長、リーダークラスです。介護事業所に所属していない方はご入会いただけません。
  • 会員期間は令和2年3月31日までとなります。入金後、IDとパスワードが発行されます。ID発行後は会員サービスを利用できるようになるため、退会ができません。ご了承ください。
  • 有益な情報交換を実施するため、ご入会は8割以上参加できる方で、毎回「情報シート」を提出していただける方に限定させていただきます。

  • お互いの情報をを漏らさず秘密を厳守できる方のみ入会できます。

  • オンラインの内外を問わず、運営および特定メンバーへの誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を乱す行為があった場合は強制退会とさせていただく場合があります。​​

お申し込み後、10分以内に自動返信メールが届かない場合は、受付が完了していない可能性がございます。恐れ入りますが、03-6432-4020(スターコンサルティンググループ事務局)までお電話ください。

Copyright © 2020 Star Consulting Group All Rights Reserved.